SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トライバルメディアハウス、企画からPRまで一貫して提供する音楽マーケティング専門部署を設立

 これまで音楽に関わるマーケティングコミュニケーションを設計してきたトライバルメディアハウスは、企画から制作、広告、PRまで一貫して提供する「Music Communication Design事業部」通称「Modern Age(モダンエイジ)」を本格的に始動する。

 「Modern Age」は、レーベルやアーティストなどに対する直接的な音楽マーケティングの支援だけでなく、一般消費財や耐久消費財、その他専門品や専門サービスなどのブランドマーケティングに、音楽やエンターテインメントコンテンツを効果的に組み合わせることで、従来のマーケティングコミュニケーションの限界を超えていくことをミッションとして設立した専門部署。

 同部署は、『始まりを告げる《世界標準》音楽マーケティング 戦略PRとソーシャルメディアでムーヴメントを生み出す新しい方法』などの著書で知られるトライバルメディアハウスの高野修平氏が事業部長となり、音楽やエンターテインメントコンテンツを通したコミュニケーションデザインで貢献し、従来のマーケティングアプローチの限界突破を目指す。

【関連記事】
トライバルメディアハウスがベトナムに現地法人を設立、自社マーケティングツールの開発強化
ソーシャルアカウント運用者必読!『コミュニティマネージャーの仕事』刊行
トライバルメディアハウス、YouTube活用動画マーケティング支援サービス開始
トライバルメディアハウス、コミュニティ・パネル型の共創マーケティングプラットフォーム提供へ 
トライバルメディアハウス、学生向けeラーニングプログラムを無償提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング