SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ゲームアプリの利用、若年層でやや減少傾向も35歳以上で増加中【セガネットワークス調査】

 セガネットワークスは、10代後半から40代の男女1,400人を対象にスマートフォン利用動向を調査した「アプリ利用実態調査」を実施した。その結果、大きな傾向として次の3点が見られた。

  1. 「ゲーム」アプリ利用率はスマートフォン保有者の約6割
  2. 「ゲーム」アプリ利用者の平均利用個数は約4個
  3. 若年層の「ゲーム」アプリ利用個数はやや減少も、35歳以上で増加

 2015年3月時点で、15~49歳におけるスマートフォン保有者の「ゲーム」アプリ利用率は、1年前と比較してほぼ横ばいの61%という結果になった。これは「地図/交通/ナビゲーション」「SNS」に次いで3番目に高く、引き続き高い利用率となっている。

 「SNS」や「ヘルスケア/フィットネス」「ファイナンス」といった「生活向上」系アプリの利用率が上がってきており、ゲームをしたり、調べものをしたりする時だけでなく、消費者の生活のあらゆる場面にスマートフォンアプリが溶け込んでいる様子がうかがえる。

普段利用しているアプリジャンル
普段利用しているアプリジャンル

 「ゲーム」アプリ利用者の「ゲーム」アプリ平均利用個数は3.89個という結果になった。この数字は1年前に比べやや増加しており、「ゲーム」アプリは他のジャンルのアプリと比べ、複数個を同時並行で利用されている傾向が見られる。

各ジャンルアプリ利用者における平均アプリ利用個数
各ジャンルアプリ利用者における平均アプリ利用個数

 性年代別に「ゲーム」アプリの平均利用個数および利用率を見ると、15~24歳の利用個数において男女共にやや減少傾向にあった。一方、35~49歳では、男性の利用率が5pt上昇し女性と同様50%を超えまた。また、同年代の女性では、平均利用個数が2.98個から3.83個へ大きく増加した。これは、手軽に遊べるカジュアルゲームが増えたことで「ゲーム」アプリがより広い年代に浸透してきていると考えられる。

性年代別のゲームアプリ利用状況
性年代別のゲームアプリ利用状況

 【調査概要】
 調査方法:インターネット調査
 調査会社:株式会社クロス・マーケティング
 調査対象:10代後半~40代男女(n=1,400)
 実施期間:2015年3月1日(日)~3月3日(火)

【関連記事】
意外に低い?タクシー・ハイヤー配車アプリの利用経験者は約7%【車とスマートフォンに関する調査】
東アジアからの訪日観光客1人あたりの支出総額、1年で55%増加【電通調査】
ブロガーの4割が後日、モニター商品を購入していることが明らかに【ブロガー実態調査】
スマートウォッチに興味がある人の8割超が「Apple Watch」に関心あり【ジャストシステム調査】
スマホからの「グルメ/飲食店」サービスの利用動向は?【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/05/08 11:30 https://markezine.jp/article/detail/22405

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング