SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アマゾン、他ECサイトでもAmazonアカウントでログイン・支払ができるサービスの提供を開始

 Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、他のECサイトでAmazonのアカウントでログインし、簡単に支払いをできるサービス「Amazonログイン&ペイメント」の提供を開始した。これにより、Amazonユーザーは、同サービスを導入したECサイトでAmazonアカウントを用いてログインし、Amazonアカウントに登録されている配送先住所やクレジットカード情報を利用することができる。

 米国で同サービスを導入しているサイトでは、注文成約率が10%~34%改善したという販売事業者様がいるという結果が出ている。日本でのサービス開始に伴い、「劇団四季」および「出前館」の2サイトが同サービスを導入。公演チケットや出前にAmazonアカウントを使用できるようになった。

 なお、クレジットカード情報は、Amazonのセキュリティシステムで管理されるため、外部へ渡ることはない。同社は今後、サービスの導入により、Amazonアカウントで購入できる商品やサービスの拡大を目指す。

【関連記事】
これだけは読んでおきたい!アマゾン、「オールタイムベスト ビジネス書100」発表
アマゾン、Amazon Androidアプリストアで使える専用通貨「Amazonコイン」の提供開始
アマゾン、Twitter上から商品をカートに追加できる「Amazonソーシャルカート」の提供開始
アマゾン、「こだわる男の趣味ストア」オープン~バイヤーが厳選した商品をコメント付きで紹介
アマゾンでクレジットカードリーダー「Coineyリーダー」販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング