MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ネット業界の枠を越え、アドテク活用は今や一般化した【ad:tech SF 2015レポート】

2015/06/08 08:00

 アタラ合同会社が運営するメディア「Unyoo.jp」から、コラムやキーパーソンへのインタビュー記事をピックアップして紹介する本連載。今回は、アタラ 取締役 COOの有園氏による「ad:tech SanFrancisco 2015」の参加レポートを紹介します。

「ad:tech」はアドテク業界の枠を超え、一般化した

 今年の「ad:tech SF」は、5月20~21日に米国サンフランシスコのMOSCONE CENTERで開催された。ad:techとは何か?については、広告業界で数年以上働いている人なら知っているはずだが、簡単にいえば、広告業界のカンファレンスでアドテクノロジーに焦点を当てている。主催者は、dmg::events USAだ。

 私自身は、ad:tech SFに参加するのは今回で3回目で、前回参加したのは、たしか2005年だったと記憶している。なので、約10年ぶりの参加だった。久しぶりに参加して最初に感じたことは、規模が小さくなったな、ということだった。私の記憶では、昔はブースの出展社数が2倍ぐらいあったように思った。この点について、dmg::eventsのスタッフに質問してみると、たしかに、ad:tech SFは意図的に規模を縮小したとのこと。しかも、ad:tech SFは今年で最後だという。ただし、来年(2016年)からロサンゼルスに場所を移し、「ad:tech LA」としてリニューアルし、再度、規模を拡大していくということだった。

 次に感じたのは、登壇者の顔ぶれがだいぶ変わったな、ということだ。10年前は純粋にアドテクノロジーのイベントという感じが強かった。しかし、今回の登壇者をみていると、アドテクノロジーというよりは広告とメディア業界のイベントという色彩が強くなったと思う。たとえば、GoogleやMicrosoft、Twitter、FacebookなどIT系ベンダーからの登壇者だけでなく、The Wall Street JournalやMTV、Hulu、BuzzFeedなど新旧メディア企業、Taco Bell(飲食)やMacys(デパート)、Wells Fargo(銀行)、Charles Schwab(証券)など多彩な広告主からの登壇者も多数いた。そういう意味では、アドテクノロジーにあまり詳しくない人も楽しめて、かつ、学びの多いイベントに変わったと思う。つまり、一般化した。

 ad:techが一般化してきたことと、来年からロサンゼルスに移動することは無関係ではないようだ。サンフランシスコは、シリコンバレーに近くてインターネット系やIT系の企業文化を育んできた。そのため、アドテクノロジーという情報を発信するには最適な場所なのだ。しかしながら、デパートや銀行、証券などのリアル店舗をもつビジネスでも、あるいは、新聞やテレビなどの旧来型のメディアであっても、インターネットやアドテクノロジーを利用するのが当たり前になった。

 それを踏まえると、サンフランシスコにこだわるよりも、ハリウッドがあり、かつ、映画やメディア企業が多数集まるロサンゼルスに場所を変えて拡大した方が、現在では意味がある。ad:techはニューヨークでも開催されており、「ad:tech NY」と「ad:tech LA」で、東海岸と西海岸のメディア拠点を抑えることになる。

トレンドは次の3つだ

 今回のad:tech SFで私の記憶に残ったのは、「attention span」「micro-moments」「non-human traffic」の3点だ。

(1)「attention span」
(2)「micro-moments」
(3)「non-human traffic」

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5