SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

広告運用の情報サイト「Unyoo.jp」出張所

LINE、広告事業が牽引し売上2,000億円突破 2019年の注力領域は?【2018年Q4決算報告】

 アタラ合同会社が運営するメディア「Unyoo.jp」から、コラムやキーパーソンへのインタビュー記事をピックアップして紹介する本連載。今回は、2019年1月31日に発表されたLINEの2018年12月期通期の決算を読み解いたコラムを紹介します。

広告事業が全体を牽引し、売上2,000億円突破

 2019年1月31日、LINE株式会社は2018年12月期通期の決算を発表しました。

出典: LINE 平成29年12月期 通期決算説明会 プレゼンテーション資料(PDF)

 2018年通期の売上は2,072億円、YoY(前年比)+18.7%と売上成長率は昨年(+18.8%)とほぼ同程度のまま成長を続けています。引き続き広告事業の売上が全体を大きく牽引しており、広告事業の売上成長率もYoY+29.9%と好調です。

出典: LINE 平成29年12月期 通期決算説明会 プレゼンテーション資料(PDF)

 広告事業の中ではアカウント広告の売上が567億円と最も多く、次いでディスプレイ広告(LINE Ads Platform、以下LAP)が362億円、売上成長率でもアカウント広告はYoY+45.7% とディスプレイ広告(YoY+36.1%)を凌駕しています。

 アカウント広告は今まで大企業向けの「LINE公式アカウント」と中小企業・店舗向けの「LINE@」の2つがありましたが、2018年に「LINE公式アカウント」として統合することが発表され、従量課金プランへ移行しました。これにより費用面のハードルが下がると共に複雑さも解消され、今後もアカウント数の増加が見込まれます。反対にディスプレイ広告であるLAPは、2018年の成長率の観点ではやや精彩を欠いています。

 2018年8月には広告プラットフォームの大幅刷新がありましたが、新機能である「LINE Dynamic Ads」のリリースは2018年11月だったこともあり、2019年こそがLAPの正念場と言えるでしょう。 

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
1ユーザーあたりの売上(ARPU)の伸長に注力

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
広告運用の情報サイト「Unyoo.jp」出張所連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

浅田 梨沙(アサダ リサ)

アタラ合同会社 チーフコンサルタントITシステムの運用保守、オウンドメディアの集客担当を経て「広告を運用する」おもしろさに目覚め、広告代理店に入社。広告代理店では運用型広告の戦略立案やアカウント構成の最適化、運用業務全般を担当。2016年2月よりアタラ合同会社へ参画し、チーフコンサルタントとして運用...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/18 09:00 https://markezine.jp/article/detail/30349

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング