MarkeZine(マーケジン)

記事種別

パナソニックとJTBが協業を開始、2020年に向け観光分野での新事業創出と商品開発を目指す

2015/06/23 09:00

 パナソニックとJTBは、訪日外国人観光客が2,000万人に達するとみられる2020年に向け、JTBの持つ観光分野での知見やノウハウと、パナソニックの持つICTソリューション技術とを組み合わせ、観光分野での新たな事業創出と商品開発を目指した包括的協業を開始することで合意した。

 協業における第一弾の取り組みとして、パナソニックが現在、国立研究開発法人 情報通信研究機構とともに研究開発を進めている、多言語翻訳技術を用いた自動翻訳機の実用化に向け、実証実験を7月より開始する。

 ホテルなどの外国人観光客が訪れる窓口に自動翻訳機を設置。接待業務などにおける自動翻訳機の有用性の確認や、改善点の抽出などを行う予定。実験結果は2020年に向けた事業の創出や翻訳機の商品開発などに反映される。

【関連記事】
ヤマハとJAL、日本語をリアルタイムで翻訳するアプリ「おもてなしガイド」の実証実験スタート
訪日中国人がよく日本旅行で購入するものは?【訪日中国人の消費行動調査】
KADOKAWA、訪日外国人向けSIMカード 「J Walker SIM」を販売
GMO-PG、訪日外国人向け事業支援サービスを開始
東アジアからの訪日観光客の支出総額、1年で55%増加【電通「訪日観光客のお買い物」調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5