SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業のFacebook利用率が8割越え/SNS活用で売上増を実感する企業が増加【NTT調査】

「Facebook」の利用率が8割越え・多種類メディア使い分けの増加

 企業のソーシャルメディア活用状況をみると、最も活用されているメディアは「Facebook」で80.4%となり、2014年6月の前回調査から増え8割に達した。「YouTube」での減少傾向がみられるものの、その他は各メディアともに全体的にほぼ横ばいに推移している。

自社で公式アカウントを所有しているソーシャルメディア_時系列別(複数回答)

 また、ソーシャルメディアの併用状況(活用している種類数)を過去調査の時系列でみると、「1種類」が減少している一方で、「7種類以上」が増加し続けており、今回調査ではいずれも20%強の割合となった。多種類のメディアの使い分けが広がっていることがうかがえる。

ソーシャルメディアの併用状況_時系列別

ソーシャルメディアの具体的な活用施策とは

 ソーシャルメディア上の活用施策では、「Facebook」で「自社サイト・自社ブログへのリンク付のつぶやき」が上昇する傾向が続いており、今回調査で最も高い36.3%となった。この結果は前回調査まで最も高かった「Twitter」を上回るもので、「Facebook」と自社サイトへの連携強化が進んでいることがうかがえる。「YouTube」も「Facebook」と同様に、「自社サイト・自社ブログへのリンク付のつぶやき」が前回調査上昇した点に加え、動画サイトの特長を活かした「動画を活用した商品やサービスのプロモーション」の上昇も目立った。

ソーシャルメディア上の活用施策(一部抜粋)_時系列別(複数回答)

ソーシャルメディア運用で売り上げ増加への効果を実感

 ソーシャルメディア運用の具体的な効果をみると、全体的に上昇傾向が持続している。中でも、「新規顧客数の増加」「既存顧客のリピート率の向上」「顧客単価の増加」がいずれも直実に伸びており、ソーシャルメディア運用が売上の増加に効果があることがわかる。

ソーシャルメディア運用の具体的な効果_時系列別(単一回答)

今後特に活用したいソーシャルメディアは「Instagram」

 今後活用したいソーシャルメディアとしては「Twitter」「YouTube」「LINE」「Instagram」などで、過去調査から継続して上昇した。「Instagram」については11.7%という数字であるが、前回調査から2倍以上の伸びをみせており、今後の動向が注目される。

今後活用したいソーシャルメディア(複数回答)

【調査概要】
調査対象:「NTTコム リサーチ」登録モニター
調査方法:非公開型インターネットアンケート
調査期間:2015年6月12~24日
有効回答者数:377名

【関連記事】
ソーシャルメディアとの融合でテレビが変わる/日経BP社「ソーシャルテレビ・アワード 2015」発表
高校生が最も使うサービスはLINE、中学生はYouTube【中高生のソーシャルメディア利用実態調査】
ヤフー、手軽にソーシャルメディアの投稿を検索できる新機能「なう検索」公開
ホットリンクがSocialgist社を買収、グローバル市場でのソーシャルメディアデータ提供企業に
今週末12月14日の衆院選に向けた、各党のソーシャルメディア活用状況は?【ユーザーローカル調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング