SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「CA DataFeed Manager」がデータ自動挿入機能に対応~コスト削減と広告効果向上に貢献

 サイバーエージェントグループのアドテクスタジオは、データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager(シーエーデータフィードマネージャー)」において、ヤフーが提供する検索連動型広告向け「データ自動挿入機能」に国内データフィードツールとして初めて対応した。

 「CA DataFeed Manager」は、企業が保有する自社の商品データに基づき、各広告配信先の仕様にあわせ最適化したデータフィードを生成するツールだ。企業は、同ツールを導入することで、サイト上の商品データを一元管理できるだけではなく、生成したデータフィードの追加・変更・削除などオペレーションに関する管理コストの削減も可能となる。さらに、検索連動型広告向け「データ自動挿入機能」により、広告主企業が保有する商品スペック、価格、プロモーションの時期、対応するキャンペーン、広告グループ、キーワードといった情報データをもとに、リアルタイムに広告を生成することが可能となる。

データ自動挿入機能対応のイメージ
データ自動挿入機能対応のイメージ

 同対応により、「CA DataFeed Manager」を導入している企業は、既存のデータフィードを活用し、Yahoo! JAPANが提供する検索連動型広告向け「データ自動挿入機能」を利用した広告配信が可能となる。「CA DataFeed Manager」は、同社が開発した検索連動型広告向け統合型運用プラットフォーム「Search Suite(サーチスイート)」を通じて「Yahoo!プロモーション広告API」を活用することで、「CA DataFeed Manager」にて生成したデータフィードを、データ自動挿入機能へ自動的に反映することができる。これにより、オペレーションコストの削減に加え、検索連動型広告の広告効果の向上が期待できる。

【関連記事】
トランスコスモス、データフィードサービス提供へ~運用型広告サービスの拡充をはかる
フィードフォース、ヤフーとデータフィード分野で業務提携へ
サイバーエージェントのデータフィードマネジメントサービス、EC企業向け「画像解析機能」追加へ
サイバーエージェント「CA DataFeed Manager」、データフィード自動最適化機能リリース
タグマネジメントツール「CA Tag Solution」、データフィード生成機能の提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/10/14 12:00 https://markezine.jp/article/detail/23243

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング