SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フリークアウトのDSP「FreakOut」、業種別のブランド保護機能を追加へ

 フリークアウトのDSP「FreakOut」は、Momentumが開発するアドベリフィケーションエンジン「Black Swan」を搭載し、2015年11月初旬よりサービス提供を開始する。

 アドベリフィケーションとは、広告主様のブランド価値を保護し、ユーザーが認識できる場所に広告が掲載されるよう、広告配信をコントロールする機能。フリークアウトはこれまでも、はてなと共同開発で「BrandSafe はてな for FreakOut」を提供するなど、アドベリフィケーションの強化を推進してきた。

 今回新たに搭載した「Black Swan」は、ブランド毀損に繋がるオンライン広告掲載面を業種別に判別・回避し、ブランドを保護することができる。具体的には、ニュースやブログ記事のコンテンツを機械的に解析し、広告主の業種に関連するネガティブな記事を除外する。現在、自動車・航空・化粧品・飲料などを含む27業種に対応しており、「FreakOut」に統合された管理UIで除外設定が可能になる。

【関連記事】
アイモバイル、Platform IDと共同でDSP事業会社「Evory」新設
プラットフォーム・ワンのDSP「MarketOne」、新ロジックで獲得効率向上~CPA約60%改善も
フリークアウトのDSP、大幅アップデートへ~プレミアム広告枠やインフィード広告への配信を実現
アドベリフィケーション機能「BrandSafe はてな for FreakOut」、導入数50社突破
アップルとグーグル、3年連続で1・2位をキープ【Best Global Brands 2015】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/10/28 16:45 https://markezine.jp/article/detail/23343

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング