SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日米英で小売りアプリのDL数増加傾向/日本ではアパレル系が好調【App Annie調査】

 App Annieは、日本・アメリカ・イギリスのトップ小売アプリの成長要因と市場トレンドを分析したレポート、「ショッピングの新しい時代:小売アプリ市場レポート」を発表した。

 調査によると、日米英の3か国全てで小売アプリダウンロード数の前年比増加率はアプリ市場全体の前年比増加率を上回った。特に、日本の小売アプリのダウンロード数増加はAmazon、Apple StoreとLOFT(新規ランクイン)が牽引している。

日本の小売アプリDL数TOP10(iOS App StoreとGoogle Playの合計2014年1月~2015年年9月
日本の小売アプリDL数TOP10(iOS App StoreとGoogle Playの合計2014年1月~2015年年9月

 各国の小売アプリダウンロード数TOP10を見ると、日本ではアパレル系小売アプリ4件がランクインしている(UNIQLO、GU、WEAR、iQON)。米英でのアパレル系アプリのトップ10入りは米国ではゼロ、英国では2件のみであることから、日本ではアパレルアプリが好調だといえる。なお、モバイルに特化した企業がリリースしたアプリのランクインは、日本ではiQONのみだが、米英ではそれぞれ2件ずつTOP10に入っている。

 またiPhoneとAndroid PhoneでMAUを比較すると、Android Phoneでは顧客のロイヤルティと利便性を高める電子マネーアプリ(楽天Edyとnanaco)のランクインが特徴的で、iPhoneではポイントを基軸に顧客エンゲージメントとロイヤルティを持続させるためのアプリが複数ランクインしている(MUJI passport、Tポイント、楽天PointClub等)。

小売アプリのMAUのTOP10(上:Android Phone 2014年10月~2015年9月、下:iPhone 2014年10月~2015年9月)

小売アプリのMAUのTOP10(上:Android Phone 2014年10月~2015年9月、下:iPhone 2014年10月~2015年9月)

【関連記事】
ユーザーがよく使うアプリは?米国はSNSカテゴリ、日本はLINEがトップに【App Annie調査】
モバイルゲームに対する消費者支出が大幅に増加【IDC&App Annie共同調査】
盛り上がりを見せる動画ストリーミングアプリ、米・中・英で人気のアプリとは?【App Annie調査】
メッセージングアプリはFacebookが世界を掌握、アジアでは地域発のアプリが人気
6割以上は「3ヶ月以上未使用」なアプリを削除対象に【ジャストシステム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/11/25 08:00 https://markezine.jp/article/detail/23489

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング