SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂がベンチャー企業との連携強化、新組織「博報堂テクノロジービジネスセンター」設立

 博報堂は、企業のデジタル事業開発を支援する新組織「博報堂テクノロジービジネスセンター」を12月10日に設立した。現在、Fintechやコネクテッドカーが注目を集めるなど、IoT、AI、ロボティクス、ビッグデータ等への取り組みは重要度を増してきている。

 同組織は、こうしたトレンドを踏まえ、テクノロジー系ベンチャー企業との連携を強化し、クライアント企業のデジタル事業開発支援をより充実させることを目的にしたもの。主な活動領域は次の通り。

  1. テクノロジーを活用した事業の戦略立案サポートや施策実行サポート
  2. オープンイノベーションに対するソリューション提供
  3. スタートアップ企業のテクノロジーを活用したソリューション開発
  4. ベンチャー企業へのマーケティング支援

 上記推進にあたって、シリコンバレーに拠点を置く日系ファンドの中で最多の投資件数(2014年実績)を記録する、Scrum Ventures(スクラムベンチャーズ)および、伊藤忠テクノロジーベンチャーズが組成するファンドに出資を行う。これにより両ファンドを通じてテクノロジー情報を取得し、ソリューション提供や開発を加速させていく。

【関連記事】
博報堂アイ・スタジオ、 「統合デジタルマーケティングセンター」を新設
ニフティ、東急電鉄、イッツコム、スマートライフ事業展開する新会社Connected Design設立
トヨタ自動車、「人工知能技術」の研究・開発強化を目指しシリコンバレーにて新会社を設立
Kii、KDDI、大日本印刷の3社が「Kiiコンソーシアム」設立~IoTの知見共有と成果発信を目指す
ビッグデータ解析のUBIC、マーケティング事業に特化した子会社を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/12/10 19:48 https://markezine.jp/article/detail/23586

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング