SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PIXTA、素材に権利侵害があった場合に損害を補償する「安心補償サービス」をスタート

 写真・イラスト・動画素材の投稿型販売サイト「PIXTA(ピクスタ)」を運営するピクスタは、12月10日より、PIXTA素材が原因で、権利侵害(著作権侵害、肖像権侵害等)が発生した場合に、損害を補償する「安心補償サービス」を開始した。

 同サービスは、PIXTA素材を最初にダウンロードした日から1年間を有効期限として自動的に開始されるもの。未加工のPIXTA素材に権利侵害が発生し、素材に起因して購入者が被った損害を一定の条件においてピクスタが補償する。

 社会的な著作権侵害に対する意識の向上や、企業のコンプライアンス意識の高まりを背景に、多くの企業が、日々使用するデジタル素材の著作権や肖像権について、今まで以上に意識を向けるようになった。

 PIXTAは、プロ・アマチュア問わずクリエイター会員から作品を収集し、権利侵害等が存在しないことをクリエイター会員が保証した上で素材として提供している。ここに、万が一に備えて補償することで、同社は素材購入者のクリエイティブ活動を今まで以上にサポートしていく。

【関連記事】
Pixta、UUUM所属のYouTuberに素材の提供を開始
「goo」のトップページがリニューアル~ニュースやコンテンツのパーソナライズ可能に
YKK AP、Facebookなど3メディアの公式アカウント開設~「憩い」のコンテンツでファン拡大へ
オールブルー、3Minuteと業務提携~女性向けコンテンツの海外発信を強化
アイクリエイト、企画にまつわるコンテンツを発信するメディア「企画ラボ」スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/12/14 08:30 https://markezine.jp/article/detail/23597

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング