MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Opera ウィジェットが切り開く Mobile 2.0 時代

2007/12/22 11:00

本セッションでは、KDDI株式会社より10月に発表された「au one ガジェット」の事例を交え、Operaの携帯電話向けウィジェットテクノロジーが生み出す新しい価値について、Opera Software International AS アカウントディレクター 久保芳之氏が紹介する(この記事はmobidec2007のセッションレポート記事です)。

あらゆるデバイスにインターネットの恩恵をもたらす「Opera ウィジェット」

 Opera Softwareは、高い性能で根強いファンを持つブラウザ「Opera」の提供元として知られるグローバル企業である。「Opera」はPCのみならず、モバイルやゲーム、家電などに組み込まれて使用されており、auブランドの携帯電話や任天堂のWiiなどに組み込まれたことでも大きな話題となった。現在、延べユーザ数は400万にものぼり、コミュニティサービスも活性化しているという。

 そうした同社がビジョンとして掲げているのは「あらゆるデバイスや家電製品に、インターネットがもたらす革新的な技術を提供する、いわゆる『手助け』をすること」であると久保氏は語り、Webアプリケーションプラットフォーム「Opera ウィジェット」が、その可能性を大きく広げると力説した。

Opera Software International AS アカウントディレクター 久保芳之氏

 「Opera ウィジェット」の第一の特徴は、スタンドアローン型のWebアプリケーションであるということだ。ゲームや家電製品のように独立して使用する方法から、オンラインから情報を取得する天気や地図といったアプリケーションまで、さまざまな形で使用できる。

そして、2つめの特徴としては、Web標準規格に準拠していることだ。つまり、言語や仕様などに左右されず既存の技術で容易に利用でき、さらには各ベンダーから提供されるAPIを活用して、マッシュアップ型のアプリケーションを簡単に作成することができる。

そして、3つめはOpera9のブラウザエンジン上で動作するため、クロスプラットフォームで活用できることである。ただし、クロスプラットフォームといってもデバイスごとに画面の大きさや操作方法などが異なるため、そのまま同じものを使用しても見にくさが残る。しかし、そうした場合にも、ロジックはそのまま活かし、インターフェイスのみをCSSでコントロールすればよい。こうした特徴から、迅速かつ容易に多彩なアプリケーションが構築でき、活用できるというわけだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5