SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トレンダーズ、海外の国別ユーザーリアクションの予測ツールを提供開始

 トレンダーズは、同社運営の訪日外国人観光客向けメディア「ZEKKEI Japan」内の画像コンテンツへの海外ユーザーリアクションデータをもとに開発したアルゴリズムにより、国別のユーザーリアクション予測を可能とするインバウンドコンテンツマーケティングツールの提供を開始した。

「ZEKKEI Japan」
「ZEKKEI Japan」

 同社は「ZEKKEI Japan」内のコンテンツ画像に、複数のキーワードタグを設定。海外ユーザーの国別に分析をすることで、コンテンツに対する国別のユーザーリアクション予測が可能となる独自のアルゴリズムを開発した。例えば、「色」を表現するキーワードでは、香港では“オレンジ”、タイでは“ピンク”、台湾では“赤”へのユーザーリアクションが大きくなる傾向にある。

 このアルゴリズムを活用することで、企業のインバウンドマーケティングについて、あらゆる領域のコンテンツ制作においてターゲットとする国のユーザーリアクションを事前に予測・検証できるようになり、より効果的でエンゲージメントの高いコンテンツ制作が可能となる。なお、現時点での設定キーワードは3,000以上、対応しているのは台湾・香港・タイの3か国だが、今後も対応国やキーワードは順次増加される予定。

【関連記事】
博報堂DYIS、タイのYindeed社と連携~訪日タイ人向けインバウンドビジネスを強化
JTBとSB、インバウンドビジネスにおいて戦略的提携~アリババグループの旅行サイトに出店
ANA、トリップアドバイザー内に特設ページ公開~地方の魅力伝え国内線利用を促進
ホットリンクとやまとごころ、インバウンド消費を活性化させるサービスを共同開発へ
博報堂、インバウンドマーケティング新サービス発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/12/21 12:00 https://markezine.jp/article/detail/23642

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング