SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagramの認知率、7割強に/10代の接触頻度高いのは「スマホ広告」【ジャストシステム調査】

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、15歳から69歳の男女1,100名を対象に、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度)』を実施した。

Instagramの認知率、1年間で5割弱から7割へ

 Instagramの認知率が、2014年12月調査時の48.6%から、72.8%と大幅に増加し、利用率も2014年12月調査時の8.3%から13.4%と増加した。一方、Facebookの利用率は37.5%と2014年12月調査時の40.0%からやや減少した。※認知率は「聞いたことがある」「知っているが利用したことがない」「以前利用していたが今は利用していない」「現在利用している」を選んだ人の割合の合計。

10代の広告接触は「スマートフォン」が1位に

 2015年、接触頻度が最も高かったと感じる広告媒体は「テレビ」が38.5%と最も多く、次いで「パソコンで表示される広告」(27.8%)、「スマートフォンで表示される広告」(24.4%)となった。

2015年に接触頻度が高かった広告(n=673)

 また、年代別に見ると、20代以上の世代では「テレビ」が最も接触頻度が高い広告媒体だったと答える人が最も多かったのに対し、10代では「テレビ」(33.3%)を抜いて「スマートフォンで表示される広告」が47.4%と最も多い結果となった。

10代の1日あたりのアプリ利用時間は、SNSが最も長い

 10代の1日あたりの平均的なアプリ利用時間は「SNSアプリ」が68.5分で最も長く、次いで「ゲームアプリ」が58.8分、「動画アプリ」が58.1分となった。

アプリジャンル別の利用時間(n=673)

「当日自宅配送サービス」の認知度1位は、Amazonの「当日お急ぎ便」

 ネットショッピングやコンビニエンスストアなどで購入した商品を、当日のうちに自宅に配達してくれる「当日自宅配送サービス」で最も認知率が高かったのは、Amazonの「当日お急ぎ便」(60.8%)だった。次いで、「おうちでイオン(イオンネットスーパー)」(31.2%)、「ご注文当日配達(ヨドバシドットコム)」(27.1%)という結果となった。

自宅配達サービスの認知・利用状況

【調査の実施概要】
調査期間:2015年12月24日~28日
調査対象:Fastaskのモニタのうち、15歳から69歳まで5歳ごとに、
     男女それぞれ50名ずつ割り付けて 回収(合計1,100名)

【関連記事】
オプトとゆめみ、スマホアプリを利用したマーケティング支援サービスを開始
2015年スマホアプリ利用者数1位は「LINE」/「メルカリ」利用者は3倍に【ニールセン調査】
人工知能がファッションアイテムを提案!スマホアプリ「SENSY×ISETAN MEN’S」リリース
アライドアーキテクツ、YouTuberを活用したSNS動画広告サービスを提供開始
ループス、米スプリンクラー社と業務提携〜統合的にSNSを管理できる「Sprinklr」の導入支援開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング