SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googleマップに広告を載せる方法

 ベンリな地図ツールとして各方面で利用されているGoogleマップには、その地域に密着した広告「ローカルビジネス広告」を表示することができる。AdWords日本版公式ブログによると、広告の作成・編集・管理ソフト「AdWords Editor Ver.5.0」に、「ローカルビジネス広告」の追加と編集を行う新機能が追加された。

 ローカルビジネス広告は、たとえば「渋谷 しゃぶしゃぶ」と検索すると、そのキーワードに関連する広告がGoogleマップの画面にある広告表示スペースに表示される。広告を表示させるには、AdWords Editorで広告を作成し、AdWords管理画面で作成情報を更新するだけ。通常のAdWords広告と同様に、広告を表示させるキーワードを設定して利用するかたちになる。同ブログでは、このほかにもAdWords Editorのベンリ機能を紹介している。

【関連リンク】
「AdWords Editor に新機能-「Googleマップに広告を載せてみよう 」(AdWords Editor 5.0)」(AdWords日本版公式ブログ)
「iアプリ「Google Maps for Mobile」にGPS機能搭載」
「Googleマップで自分マップの巻」
「Google Android、iPhone、モバイルSNS…キーマン投票で未来予測!1年後のモバイル業界」
「モバイル版Google AdSenseの可能性」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング