SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Kaizen Platform、グロースハックパートナープログラムを提供開始

 Kaizen Platform社は、クライアント向けのWebサイト改善活動に関わる企業とのパートナーシップ制度「グロースハックパートナープログラム」を開始する。2月24日時点で同プログラムには、電通、パソナテック、サイバーエージェントなど計15社がグロースハックパートナーとして参加を表明(詳細は下図参照のこと)。また、エボラブルアジア、Stectech Industries、Zazmic、CodersTrustがグローバルパートナーとして参加する。

グロースハックパートナー参加企業
グロースハックパートナー参加企業

 非インターネット企業がインターネットへ事業シフトしていく際に、人材不足が深刻な問題となっている。特に、Webサイトの改善施策とテストを繰り返し、継続的にビジネスを成長させるためのグロースハッカー人材は必要不可欠だが、高度な専門知識と経験を要するため、そのような人材の採用や育成が困難な状況だ。

 この課題を解決するために、グロースハックに必要な人材やテクノロジーを持つ企業をネットワークし、エコシステムを構築。より多くの企業のインターネット事業の成長をサポート可能なパートナーシッププログラムを立ち上げるに至った。

 グロースハックパートナープログラムは下図中の4タイプによって構成され、Kaizen Platform はプログラム参加企業の共通プラットフォームとして、Web改善プロジェクトにおける、ユーザー企業、ディレクション、クリエイティブ制作のコラボレーションをサポートする。

グロースハックパートナープログラム
グロースハックパートナープログラム

  Kaizen Platform上で実施される改善施策とテストの結果は、全てデータベース化されている。このデータベースから、業種やページタイプ、コンバージョンの種類別に改善案とその改善結果を参照、分析することが可能。パートナーは自社のテクノロジーとKaizen Platformを連携させたり、自社のノウハウやスキルとKaizen Platformデータを参考にした、改善案やデザイン制作をするといったシナジーを発揮させユーザーへ価値を提供するとともに、収益機会の構築を行うことができる。

【関連記事】
AIが自動で改善レポートを作成~ メタップス、ウェブ接客「SPIKEオートメーション」に新機能
Kaizen Platform、サイト改善事例ライブラリの提供を開始~同業種の事例も確認可能に
アドフラウド対策でCPA、CVR改善【ソネット・メディア・ネットワークス、Momentum共同調査】
NHNテコラス、EC構築サービスにて「VePlatform」と連携、離脱防止とCV改善の機能を実装
インフォデックス、クリエイティブ改善でディスプレイ広告の効果を最大化する「beehave」提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/02/25 10:00 https://markezine.jp/article/detail/23975

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング