SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルインテリジェンス、視聴質測定データによるテレビCM施策最適化コンサルサービスを本格スタート

 デジタルインテリジェンスは、テレビの視聴質測定サービスを提供する米ティービジョンインサイツ(以下、TVI社)と資本業務提携し、テレビCMの視聴質測定データによるテレビ出稿及びテレビCMクリエイティブの最適化コンサルサービスを本格的に開始することを発表した。

 TVI社は昨年6月から都内110世帯で実証実験を行ってきたが、この4月からは測定パネル数を600世帯約1,600人に拡大し、本格的に視聴質測定データの供給サービスを開始する。実証実験開始から同測定データの分析と「改善のための打ち手」をコンサルしてきたデジタルインテリジェンスでは、これに伴い共同でデータ販売とデータ分析およびコンサルティングサービスを本格化していく。

 なお、TVIデータの販売に関しては、デジタルインテリジェンスが従来よりコンサルティング契約をする広告主企業に対して行ってきたが、今回新たに主力広告代理店に対する販売窓口業務を行うこととなった。

TVI社のテレビ視聴質測定:赤外線センサーやデプスセンサーを利用して視聴者を個人ごとに認識。ビューアビリティ・インデックス(テレビが点いていてテレビの視聴可能範囲に視聴者がいる度合い:VI値)とアテンション・インデックス(視聴者がテレビの前にいて、テレビ画面を注視している度合い:AI値)などを毎秒データとして測定するもの。テレビCMのAI値によってCMのクリエイティブパワーを数値化するほか、特定のCMの毎秒ごと(コマごと)の画面注視の度合いをデータ化することで、より注視されるCMに改善することが可能となる。

【関連記事】
デジタルインテリジェンスとデータセクション、日本データ取引所(J-DEX)を設立
テレビCMを補完しながら若年層のターゲットリーチ最大化! DI.とFIVEがソリューション提供へ
CA、TVCMに接触しない層へのWeb動画広告ターゲティングを可能にするサービス提供
CA、慶応義塾大学と動画広告領域の共同研究を開始~第一弾はTVCM非接触層の生活実態調査
スマホ広告はテレビCMを超えられるか?ヤフー、LINE、クックパッドのキーマンが語る次世代広告論

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/17 12:00 https://markezine.jp/article/detail/24116

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング