SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

3D仮想空間サービス「スプリューム」、ポータルサイトをリニューアル

 「スプリューム」は、自分のアバターを作って3D仮想空間でコミュニケーションを楽しむことができるサービス。登録申請を行えば、ユーザー自身が作った3D空間をサーバーにアップして共有することもできる。3D仮想空間サービスといえば米リンデン・ラボの「セカンドライフ」を思い浮かべる人が多いが、日本発のスプリュームは、リアルではないがかわいいアバターや親しみやすい雰囲気で人気がある。

 今回のリニューアルでは、専用のブラウザをダウンロードすることなく、一般ブラウザ(IE)用プラグイン版で、手軽にスプリュームの仮想世界を体験できるようになった。このプラグインは、3Dアバターとチャットを標準サポートする仮想空間プラグインとしては、現在国内で唯一の商用プラグインとなる。

 そのほか、サンプル動画によって、スプリューム内で提供されている多彩な世界を紹介するコーナーや、仮想空間内の最新ニュース、スプリュームイベント情報、おすすめ情報、メンテナンス情報など、様々なスプリューム世界に関する情報をトップページから一覧で把握できるようになっている。

【関連リンク】
日本発の3D仮想空間サービス「スプリューム」、セカンドライフとの違いは?
今なぜ、セカンドライフ雑誌が創刊ラッシュなのか?
セカンドライフ最大級プレーヤーの電通、博報堂が講演 「爆発するソーシャルメディア」セミナー開催
セカンドライフ潜入ルポ(1) ブックオフの迷路でひらめいた「Second Life」の可能性
セカンドライフ超え? 群雄割拠する3次元仮想世界

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング