SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Zaim」が食の購買トレンドを自動解析、地域別の食材消費傾向が見える「おいしい旬の地図」公開

 Zaimは家計簿サービス「Zaim」において、全国各地からの購買ビッグデータより、食材トレンドを可視化する「おいしい旬の地図」を公開した。公式アプリおよびWeb版Zaimから利用が可能。

 「おいしい旬の地図」は、500万人が利用する家計簿サービス「Zaim」の大規模購買データを統計解析したもの。野菜や果物・魚など、季節に合った食材を、食費に関する品目から自動抽出し、日本全域での購買動向を一括表示する。購入された数量に応じて食材のアイコンサイズを変化させることで、「今どこでどれくらい」旬の食材が楽しまれているのかが一目で把握できるようになっている。

 日本全国から地域ごとへのズームアップもでき、地元や気になる地域での動向もチェック可能。各地の天候や気温により1日ごとに変化する食のトレンドを、日本地図上に表現する。

 さらに、Zaimにログインしたユーザーそれぞれの直近の購入情報も解析し、旬の楽しみレベルを五つ星形式で「わたしの旬満喫度」として表示する。パーソナライズしたイメージを提供することで、ひとりひとりの食の楽しみと日本全域のトレンドとのつながりを体感できる。

 また、食材のアイコンをタップすると、旬を楽しむための情報を表示。産地、食材の選び方、栄養に関する豆知識やレシピ等の他、近隣のスーパーマーケットの特売情報も確認できる。

【関連記事】
クックパッド、スマートフォンで食のトレンド情報がわかる「たべみるニュース」の提供を開始
凸版「Shufoo!」と東芝テック「スマートレシート」連携、セグメント配信などの実証実験へ
CCCマーケティングと博報堂DYMP、CCCの購買データ×メディア接触データ活用したサービス提供へ
購買行動データベース活用したプロモ展開~デジタルガレージ、CCLと提携
インテージ、購買とメディア・広告接触の関係を視覚化する「i-SSP」でタブレットのデータ収集開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/07 10:00 https://markezine.jp/article/detail/24235

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング