SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、3Dセンサーを活用し生活者の「棚前での買物行動測定サービス」を提供

 博報堂は、3Dセンサーを活用し買物客の棚前行動を測定する技術を保持する、米Shopperception(ショッパーセプション)社と、日本における独占ライセンス契約を締結した。博報堂はShopperception社の技術を活用した棚前行動測定サービスを提供する。

 Shopperception社は、売場・棚の通過人数、滞在人数・滞在時間等の測定に加えて、購買の意思決定が行われる「接触」までを商品ごとに捕捉し、個人を特定しない情報を用いて、アクチュアルデータ化が可能な技術を保有する。売場・棚全体の評価に加え、商品接触データを活用した棚割り・品揃えの評価、商品ごとのマーケティング施策の評価等まで踏み込んだ分析を行うことが可能。

 博報堂は、この特許技術によって測定した棚前行動データを、他のビッグデータと統合して分析、売場改革のアクションプラン策定に活用する。例えば、同カテゴリ内での商品ごとの接触率や購買率等の指標に基づく課題抽出、および課題解決につながる棚割開発などを行う。

 また今後は、店内でのデジタルサイネージや買物客が保有するデバイスに対して、商品接触状況や、購買データ、WEB行動データ等を活用し、リアルタイムに情報を配信する仕組みを開発し、取り組みを強化していく予定。

【関連記事】
博報堂、店舗内の買物行動データ測定を強化 「ショッパーズ・カスケードモデル」を構築開始
電通、位置と嗜好に応じた情報配信でスマホユーザーを実店舗へ送客
地域×アイテムで販売店舗を検索! ipoca、「NEARLY」と「Yahoo!ロコ」の検索機能と連携
日立ソリューションズ、店舗内での購買・非購買者の行動と興味の「見える化」を実現
購買行動データベース活用したプロモ展開~デジタルガレージ、CCLと提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング