SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ディープラーニング活用して性格分析! 資生堂、「uno SOCIAL BARBER」を公開

 資生堂は、Webコンテンツ「uno SOCIAL BARBER」を公開した。同コンテンツでは、『新版TEG II』(東京大学医学部心療内科TEG研究会編)によるエゴグラムのアンケート調査をベースに、ディープラーニングを用いた独自の性格分析アルゴリズムを開発。このアルゴリズムをもとに、連携したソーシャルメディア上の発言を分析、性格タイプを推定する。

 通常エゴグラムで性格タイプの推定を行う場合、約50の質問に答える必要があるが、同コンテンツではソーシャルメディアの投稿を使用するため、質問に答える必要がなく「手軽」に、本格的な分析が楽しめる。

 資生堂は2016年春、男性用化粧品ブランド「uno(ウーノ)」を「大人への進化」をサポートするブランドとしてリニューアルした。そして同ブランドコンセプトのもと、外見だけでなく、内面の「大人への進化」も手助けするため、同コンテンツのオープンに至った。

【関連記事】
「フリマアプリ」利用、1年で3倍以上/4割以上雑誌との接触「減った」【ジャストシステム調査】
Instagram広告閲覧者の2割が、動画広告からアプリをダウンロード【ジャストシステム調査】
ウォンテッドリー、社内ツールを紹介し合えるサービス「Wantedly Tools」を提供開始
Instagramの認知率、7割強に/10代の接触頻度高いのは「スマホ広告」【ジャストシステム調査】
データセクション、人工知能活用しソーシャルメディアの画像から利用シーン発掘するサービス提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/28 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24366

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング