SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、英国のデジタルOOH専門の広告会社を完全子会社化

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」(以下、電通イージス)は、英国のデジタルOOH(屋外・交通広告)専門の広告会社「Liveposter Limited」(以下、ライブポスター社)の株式77.2%を追加取得した。すでに同社株式の22.8%は電通イージス・ネットワークが保有しており、今回の株式取得で完全子会社化を果たした。

 ライブポスター社は、天候やソーシャルメディアの投稿に関するデータといった第3者データと連動し、数万通りのクリエイティブを同時生成できるデジタルOOH配信ツール「Liveposter」(ライブポスター)を保有している。そして、各国のデジタルサイネージ関連企業のネットワークを通して、世界中のサイネージに向けてリアルタイムでコンテンツ配信を行っており、1月には日本もそのネットワークに加わった。

 また、世界全体のOOH広告に占めるデジタルOOH広告のシェアは上昇傾向が続いており、2019年には40%を占めるとの見方も出ている。加えて、ライブポスター社は電通グループでOOH広告を専門とするPosterscope(ポスタースコープ)と提携関係にあったこともあり、今回の完全子会社化に至った。

 今後電通イージスは、世界各地に展開するPosterscopeをはじめとするグループ各社とライブポスター社の連携を強化しながら、グローバル展開を加速させる。

【関連記事】
電通、世界中のデジタルサイネージへコンテンツをリアルタイム配信するサービスを開始
旬なコンテンツをデジタルサイネージに配信!ヤフーと電通、都営大江戸線六本木駅で実証実験行う
電通、デジタルマーケティング専門の新会社「電通デジタル」を設立
電通、「プログラマティック・オーディオアド」をローンチ~音声広告の新たな可能性を追求
電通・クラウディアン等5社、ディープラーニングを活用したOOHのターゲティング実用化を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/05/10 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24387

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング