SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソネット・メディア・ネットワークス、初の海外現地法人を台湾に設立

 ソネット・メディア・ネットワークスは、主力事業であるDSP『Logicad』のグローバル展開の一環として、初の海外現地法人を台湾に設立する。

 台湾のインターネット利用者の割合は、約2,340万人いる総人口の80%(『Internet World Stats』)を占めている。また『Digital Marketing Association』2014年版によれば、デジタル広告市場の規模は645億円を超え、成長率も18.3%と年々増加傾向にある。

 同社も、昨年11月に日本国内から台湾現地に向け『Logicad』の広告配信を開始。台湾の現地法人企業を含めた広告需要の増加を見込み、今回の現地法人設立に至った。

 また、現地ではSo-net Entertainment Taiwan Limited(以下、So-net台湾)との協業で展開する。具体的には、So-net台湾が営業販売を行い、新設される現地法人が『Logicad』に関する運用と技術的なサポートを担い、今秋の業務開始を目指す。

■ 設立法人 概要
社名:So-net Media Networks Taiwan Limited(仮称)
代表:地引剛史
事業内容:DSP『Logicad』を中核としたマーケティングテクノロジー事業

【関連記事】
DSP『Logicad』、「オーディエンスターゲティング」のエンジンに人工知能を採用
「Logicad ダイナミッククリエイティブ」、人材サービスに最適化した広告商品をリリース
アドフラウド対策でCPA、CVR改善【ソネット・メディア・ネットワークス、Momentum共同調査】
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、台湾現地のサイトへ広告配信可能に
ソネット・メディア・ネットワークス等、「テレビCMリアルタイム連動型広告配信」サービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/05/11 10:30 https://markezine.jp/article/detail/24395

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング