SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ファンコミュニケーションズ「nex8」とコマースリンク「DFO」が連携~多様なサイト構成に対応

 ファンコミュニケーションズが運営する、広告配信プラットフォーム「nex8(ネックスエイト)」は、5月より、コマースリンクが運営するデータフィード最適化サービス「DFO」とシステム連携を行った。

 これによりDFOを利用するクライアントは、nex8のフォーマットに沿ったデータフィードの自動生成が可能になり、開発不要でダイナミックリターゲティング配信を行えるようになった。

 データフィードとは広告主サイトの商品データを広告配信先のフォーマットに変換して送信する仕組みのことで、通常ダイナミックリターゲティング配信をするためには、広告主側で「データフィードの作成」「タグの設置」の二つの準備が必要になる。

 以前より、一部サイト構成の広告主においては「nex8」が提供するデータフィード自動生成機能を利用できたが、今回新たにDFOとシステム連携したことで、多様なサイト構成の商品情報が抽出可能になり、データフィードを自動生成できるようになった。

【関連記事】

「Logicad ダイナミッククリエイティブ」、人材サービスに最適化した広告商品をリリース
「CA DataFeed Manager」、 データフィード計測機能とLPO機能を追加
マイクロアドとTAGGYが資本・業務提携~データフィード領域で協業へ
ファンコミュニケーションズの「nex8」がリニューアル ダイナミックリターゲティング配信に特化
「nend」「nex8」、「トレジャーデータサービス」と連携~データ活用した広告配信を簡単に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/05/16 09:30 https://markezine.jp/article/detail/24409

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング