SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルインテリジェンス、「男女脳プロジェクト」を開始~男女別のCM視聴結果をクリエイティブに反映

 デジタルインテリジェンスは、「男女脳プロジェクト」をスタートした。同プロジェクトでは、TVCMに対する男女別の注視度の差異を検出し、男女別に訴求力の高い表現因子を解析。そこから得られた知見を、男女別に特化したオンライン用CMの開発、運用に活用しながら、TVCM出稿との相乗効果を図るコンサルティングおよびソリューションを提供する。

 同社ではTVの前にいるか、画面を注視しているかといったTVCMの視聴質を明らかにし、広告投資の効果をより高めるためのコンサルティングサービスを行っている。その中で、TVCMの有効性を高めるには、伝達効率の高い枠やタイミングを判別し精度を上げるアプローチと、クリエイティブ内容をターゲットや目的に合致させていくという2つのアプローチが必要と捉えており、特に後者の精度を上げるため今回のプロジェクトを始動した。

 また、今回のプロジェクトに合わせニールセン、Viibar、トモグラフ、プログラマティカの4社と協力し、新たなサービスの提供も開始した。

【関連記事】
テレビCMを補完しながら若年層のターゲットリーチ最大化! DI.とFIVEがソリューション提供へ
「パブリッシャー・マネタイゼーション研究会」発足~代表幹事にはDI.の横山隆治氏が就任
消費者が好む動画広告の要点とは~アンルーリー、『動画広告の将来に関するマニフェスト』発表
駅すぱあと、docomo Wi-Fi活用した「O2O型位置連動情報配信システム」による広告配信を開始
スキルアップ・ビデオテクノロジーズ、受験情報サイトとデータ連携開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/05/26 12:00 https://markezine.jp/article/detail/24473

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング