SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DAC、郵便番号単位でのターゲティング技術開発~DSP「MarketOne」活用した広告商品リリース

 DACのDMP「AudienceOne」は、郵便番号レベルの居住エリアターゲティングに対応。それに合わせ同社は、連結子会社であるプラットフォーム・ワンが提供するDSP「MarketOne」を活用したエリア広告サービスをリリースした。

 これまでのPCやスマートフォンのブラウザ上での広告によるエリアターゲティングは、都道府県レベルのユーザー居住地指定が主流となっていた。しかし、都道府県レベルの広域エリア単位では、そのエリアに住むユーザーのデモグラフィック属性やサイコグラフィック属性を捉えきれず、オンラインコンテンツの閲覧や検索等行動データによってユーザー属性を把握する状況が続いてきた。

 DACは上記課題を解決するため、同社のデータサイエンティストがユーザー行動に紐付く位置情報データを解析し、独自アルゴリズムによる郵便番号レベルのユーザー居住地判定を新たに実現。これにより、設定した郵便番号のエリアからアクセスのあったユーザーへの広告配信が可能になる。

 今後は、DSP「MarketOne」以外にも「AudienceOne」と既に連携しているYahoo! JapanやGoogleなどのDSPやアドネットワークでも同様のエリアターゲティングを可能にするとともに、プライベートDMPや商圏分析ツールとの連携、オフラインデータと掛け合わせた新たなデータの開発を行う予定。

【関連記事】
DAC、ハイブリッドプランニングに対応する統合メディアプランニング支援システム提供へ
DAC、Facebook Messenger上でのOne to Oneコミュニケーションを実現
博報堂DYMPとDAC、購買アクチュアルデータ活用した高精度広告配信ソリューション提供
フロムスクラッチの「B→Dash」、サイバーエリアリサーチの「どこどこJP」と連携
オリコム、インモビ ジャパンと「居住者ジオターゲティング」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/05/27 08:00 https://markezine.jp/article/detail/24474

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング