MarkeZine(マーケジン)

記事種別

圧倒的PVを誇る掲載面での広告運用を最適化~GMO NIKKOが語るヤフーのインフィード広告の魅力

2016/06/29 14:00

良い掲載面×クリック課金=新規ユーザーとの接触増加

 ヤフーは現在提供しているインフィード広告を、従来の様々な広告メニューのメリットを凝縮した手法だと位置づけている。

 「これまで、Yahoo! JAPANのブランドパネルに代表される、“良い掲載枠をインプレッション(表示)で売る”という純広告と、クリック課金型で展開されるリスティング広告などの運用型広告は対極の位置にありました。そのなかで当社のインフィード広告は、掲載面がYahoo! JAPANのトップページでクリック課金型、そして相手に読まれやすいフォーマットというこれまでの手法の良い点を集約しました」(三上氏)

 「これまでYDNでリターゲティングを活用される方が多かったのですが、インフィード広告であれば、これまで広告に興味がなかったり嫌悪感を持っていたりしたユーザーにもアプローチしやすくなると考えています」(玉置氏)

コンバージョン目的以外の活用も推進

 また、ユーザー数の多さ以外にも、「男女比率や年齢層などに大きな偏りがないところがYahoo! JAPANの魅力」とGMO NIKKOの2人は語る。

 「他社のニュースアプリなどでもインフィード広告が配信できる媒体はありますが、Yahoo! JAPANが他と違うのは、検索エンジンの機能もあるため、サービスの継続利用率が高いところです。そして今後もその継続率は維持されていくと思います」(藤原氏)

 「ニュースや天気、検索など利用目的が多種多様なユーザーが集まっているというところも強みだと思っています」(小倉氏)

 最後に、ヤフーのインフィード広告に関する今後の展望を両社それぞれに聞いたところ、GMO NIKKOは認知促進などコンバージョン獲得目的以外での活用をクライアントに提案していきたいと語る。一方ヤフーは、高いパフォーマンスを開示しながら、全く新しいパワフルな広告メニューとして打ち出していきたいという考えを示した。

 「沢山の広告商品がある中で、当社のインフィード広告が代理店様やクライアント様にとって欠かせないものとなるのが理想的です。そのためにはコンバージョンの獲得だけでなく認知拡大など、インフィード広告ならではの活用方法を見いだしていきたいですね」(玉置氏)

 また、三上氏は今後の展望として「広告フォーマットの柔軟性」と「データを掛け合わせた活用」を挙げる。前者に関しては、画像サイズや文字数の調整などをより柔軟にすることで、クリエイティブがより最適化できる環境を構築する。一方後者では、同社の提供する「Yahoo! DMP」と連携することで、クライアントで蓄積したデータと掛け合わせたターゲティングを可能にする。これら2つの展望が実現すれば、さらにヤフーのインフィード広告の価値は高まるのではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5