MarkeZine(マーケジン)

記事種別

携帯契約数が1億台突破、3大キャリアの争いは混戦

2008/01/10 19:05

 電気通信事業者協会が発表した資料によると、2007年12月の携帯電話の契約数の合計は、1億52万4700件で、11月の9,997万200件から0.6%増加して、ついに1億台を突破した。

 2007年は、サービス料金の引き下げでNTTドコモ、au/KDDI、ソフトバンクモバイルが熾烈な顧客獲得競争を展開。契約の純増数で、NTTドコモの伸び悩みとソフトバンクモバイルの快進撃がニュースとして何度も報じられた。ソフトバンクモバイルが純増数でトップに立ったのは2007年5月で、それ以降12月までトップを走っている。au/KDDIは比較的堅調を保っていたが、KDDIはツーカーユーザーが減少の一途をたどっているため、両者を合わせた数字ではKDDIは、ソフトバンクモバイルにトップを譲らざるを得なかった。

2007年の3大キャリアの契約数の純増推移。(データは電気通信事業者協会調べ)

 上のグラフは2007年の3大キャリアの契約純増数の推移を比較したもの。KDDIはauとツーカーの合計ではなく、auのみのデータをもとに作成している。2007年後半は、NTTドコモの横ばい状態を尻目に、auとソフトバンクモバイルは接戦を繰り広げている。しかし、12月にNTTドコモが新しい製品シリーズ「905i」の好調によって持ち直しており、3大キャリアの戦いは2008年にさらに熾烈なものとなりそうだ。

【関連リンク】
ドコモ、携帯電話の契約数(純増数)でソフトバンクとKDDIに惨敗
MNPショック再び、NTTドコモが契約数で2度目のマイナスに―グラフで検証するキャリア戦国時代
NTTドコモが語るiモードのコンテンツ戦略と今後の可能性
「ユーザーのライフスタイルに合わせたサービスを」 KDDIのこれから
ソフトバンクモバイル 「CP、ユーザーとともに新しいモバイルインターネットを推進」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5