SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「AmoAd」、小学館の漫画アプリ「マンガワン」と提携~漫画作家によるクリエイティブ作成サービス開始

 サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、スマートフォンアドプラットフォーム「AMoAd」が小学館が提供するスマートフォンアプリ「マンガワン」と提携したことを発表した。

 くわえて、漫画作家が作品キャラクターを活用した広告クリエイティブを作成、配信できる「マンガワンスポンサー広告」の提供を開始した。

 「マンガワン」は、小学館が提供する総ダウンロード数550万、WAU(Weekly Active Users:1週間のアクティブユーザー数)180万を超える漫画アプリ。主なユーザーは10代~20代の男女で、95万人を超えるユーザーが毎日利用している。

 そして、今回提供を開始した「マンガワンスポンサー広告」では、「マンガワン」に作品を掲載している作家が、自身の作品キャラクターを活用し企業の広告クリエイティブを作成。それを作品の読了後に広告として掲載できる。

【関連記事】
GYAOと漫画家赤松健氏、無料電子コミックサービス「マンガ図書館Z」の提供を開始
はてな等3社、様々なWebマンガの更新を一括でチェック出来るサービス「Pinga」を開始
“教えてあげないよ”には続きがある? 「ポリンキー」が25周年記念に新作コンテンツ25本を公開
サイバーエージェント、AMoAdインフィード広告にて「少年ジャンプ+」と提携
「DeNA Ad Platform」、月間延べ利用者3,500万人超にネイティブ広告の配信が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/01 12:15 https://markezine.jp/article/detail/24716

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング