SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業の9割、データ分析・活用が「重要」と回答/課題は複合的なデータ分析【矢野経済研究所調査】

 矢野経済研究所では、広告効果測定のためのデータ活用実態に関するアンケート調査を実施した。

9割以上がデータ分析・活用が重要と回答

 同アンケート調査結果では、プロモーション業務においてデータ分析・活用が重要と回答した比率は「たいへん重要である(49.0%)」「重要である(44.1%)」の合計で93.1%となった。

複合的なデータ分析に課題

 データ分析において「現在取り組んでいる」ことと「今後取り組みたい」ことについて、各々の回答率の差異をみると、なかでも「自社の広告だけでなく、株価や競合状況もふまえた総合的な影響力分析」を「現在取り組んでいる」と回答したのは16.0%、「今後取り組みたい」は32.4%と差異が16.4ポイントと最も高かった。

 このほかにもデータの利用範囲が拡大するほど現在十分な取組みとはいえないことが示唆され、同調査結果から今後の課題はオンラインとオフライン媒体の影響や競合企業の状況などをふまえた複合的なデータ分析であることがうかがえる。一方、「収集したデータの集計」は69.0%、「グラフでの可視化」は52.0%がすでに取り組んでいると回答しており、集計やグラフ化に関してはすでに実施されているようだ。

【調査概要】
調査期間:2016年6月
調査対象:年商100億円以上の企業に勤務するプロモーション業務従事者で、
インターネット広告とマス広告3媒体(テレビ、新聞、雑誌)を併用して取り扱う306名
調査方法: Webアンケート調査

【関連記事】
インスタグラマー・マーケティング・プラットフォーム「expaus」、効果測定機能を追加
プラットフォーム・ワンのDSP「MarketOne」、広告キャンペーンのビューアビリティ計測を可能に
AppsFlyer、Yahoo! JAPANの検索連動型広告 「スポンサードサーチ」と連携
「Yahoo! MOBILE INSIGHT」、Twitter広告経由の効果測定可能に
YouTuberを起用した動画広告支援「C-clip」、専用サイト開設~Web上で一連の作業を完結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/05 11:30 https://markezine.jp/article/detail/24738

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング