MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂、親日・知日外国人を起用したインバウンド戦略立案、商品開発支援サービスの提供を開始

2016/07/07 09:00

 博報堂は、外国人留学生とクリエイター、マーケッターが参画して、自治体のインバウンド戦略立案などを支援するサービス「G-Brain」を開始した。

 博報堂は、親日・知日外国人とクリエイター、マーケッターが参画して、自治体のインバウンド戦略立案や企業の海外向け商品開発、キャンペーンなどを支援するサービス「G-Brain」の提供を開始した。

提供サービスイメージ
提供サービスイメージ

 同サービスは、東京大学や早稲田大学などに在籍する留学生が、海外向け商品開発やインバウンド戦略立案についての評価・助言を行い、そのアイデアを活かして博報堂のクリエイター、マーケッターが商品開発や広告デザイン開発、マーケティング戦略立案を行うもの。

 通常、海外向け商品開発や訪日インバウンドの戦略立案の際は、インターネットアンケートやグループンインタビューなどでの調査が行われる。だが、G-Brainでは、外国人留学生×企業、自治体担当者×クリエイター、マーケッターによる「アイデア創発ワークショップ」をはじめに実施することで、通常の調査では見えてこないインサイトや知見を獲得できる。また、そこで生まれたアイデアやコンセプトを活かして、博報堂のクリエイターが具体的なアウトプットを作成していくため、短期間に明確な戦略提案が可能となる。

 G-Brainフェローには、100か国以上の外国人留学生2800人が登録。エンジニアが60%、文系が40%、大半が修士号以上の専門性を持つトップグローバルブレーンで構成されている。

【関連記事】
電通とリクルートHD、インバウンドマーケティング領域で協業
凸版印刷の「Shufoo!インバウンドサービス」、訪日外国人向けサービスに日本のチラシ情報など提供
デジタルガレージ、ココカラファインと協業でインバウンド消費促すサービス展開
オプトとテレビ神奈川、共同でインバウンド向け動画配信事業を開始 クーポン配布やECも可能に
ミクシィ・リサーチ等3社、インバウンド対応の改善・品質向上に対する解決策を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5