SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

富士通グループ会社が新CMSの販売を開始~顧客の要望取り入れ機能追加、ユーザビリティを向上

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは7月13日、Webサイト利用者へのサービス向上とサイト運営の効率化を実現するWebコンテンツ管理システム「FUJITSU Enterprise Application WebコアCMS」(以下、WebコアCMS)の販売を開始した。

 WebコアCMSは、自社開発のWebコンテンツ管理システム「FUJITSU ビジネスアプリケーション WebコアEnterprise」(以下、WebコアEnterprise)のリニューアルを行ったもの。WebコアEnterpriseは2001年の販売開始以降、70社以上の大手企業や官公庁、政令指定都市、全国の各自治体などに利用されてきた。

 今回販売をしたWebコアCMSは、コンテンツの一元管理やテンプレートによるデザインの統一、承認ワークフローなどの基本機能を搭載。くわえて、新たに各種フォームを簡単に作成できる機能やグループ化された複数コンテンツの一括承認など、WebコアEnterpriseを利用する顧客からの要望を取り入れた。

 また、ユーザビリティに優れたGUIにしたことで直観的な画面操作が可能となり、従来より効率的なWebサイト運営を実現する。

【関連記事】
DAC、LINE ビジネスコネクト対応ソリューション「DialogOne」とDMPの連携を開始
ALBERTとミックスネットワークが提携~CMS×DMPでコミュニケーションを最適化
電通、世界中のデジタルサイネージへコンテンツをリアルタイム配信するサービスを開始
のれんとブレインパッドが連携ソリューションを提供開始~シームレスなコンテンツ連携を実現
ミックスネットワークとトライベック、協業しパーソナルマーケティングプラットフォーム提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング