SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTT西日本、バイタルデータで「ビビり度」可視化する「スマートお化け屋敷」を今年も開催

 西日本電信電話(以下、NTT西日本)は、バイタルデータ等で「恐怖」といったココロの状態を視える化する「スマート光お化け屋敷」を、2016年7月15日から梅田で、27日沖縄で実施する。これは、NTTスマートコネクト社が提供する「ココロの視える化サービス」を活用したもので、体験者の恐怖・不安・驚きといったココロの状態を「ビビり度」として可視化。恐怖体験の客観的な振り返りや友人との共有等、新たな楽しみ方を提供するもの。昨年続く2度目の開催で、新たなシステムも導入された。

2015年との違い(クリックで拡大)

 同イベントでは、お化け屋敷の体験者に、脈拍計測機能付き活動量計を装着してもらい、取得した活動量データから、体験者の脈拍や体の動き等のバイタルデータを収集。そのデータを、独自のアルゴリズムで解析することで、恐怖・怯え・平静・硬直・驚愕といったココロの状態を「ビビり度」として視える化。お化け屋敷体験後「ビビり度」と「消費カロリー」を専用のWebサイトで確認できる。

 また、「梅田お化け屋敷」ではビーコン技術を応用し、体験者の位置情報を把握することで、特定のエリアに入った装着者の反応をデータで収集・分析する。これにより、お化け屋敷運営者は、演出・仕掛けに対する体験者の反応を客観的に評価でき、改善を行うことが可能となる。

【関連記事】
ゼロスタートとソフトバンク・テクノロジー、ユーザーの感情・行動を予測するサイト内検索を提供
SBTとemin、感情と行動データのリアルタイム連携サービス「Emotion i」を提供開始
ハウステンボスとNSW、IoT技術を活用した「スマートゴミ箱」の実証実験を開始
スタートトゥデイ、NZのソフトセンサー開発企業へ出資〜ファッション事業分野の技術革新へ
博報堂、3Dセンサーを活用し生活者の「棚前での買物行動測定サービス」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/04 16:40 https://markezine.jp/article/detail/24831

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング