SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

リターゲティング広告サービス「nex8」、CyberZの「F.O.X」との連携で導入容易に

 インターネット広告事業を展開するファンコミュニケーションズが運営する、リターゲティング広告配信サービス「nex8(ネックスエイト)」と、CyberZが提供するスマートフォン広告向け効果測定ツール「Force Operation X」(以下、「F.O.X」)がシステム連携を行った。

 これにより「F.O.X」を利用する広告主は、ユーザーの行動履歴をもとに適切な商品を表示して訴求するダイナミックリターゲティング配信が可能になる。

 商品閲覧や購入後に離脱したユーザーの自社アプリへの呼び戻しが期待できるだけでなく、該当ユーザーがアプリ削除済みの場合には、アプリでなくwebサイトへの誘導もでき、ユーザーの取りこぼしを防ぐことも可能になる。

 また、通常ダイナミックリターゲティング広告の配信を行うにはjavascriptタグを埋め込む必要があるのに対し、今回の連携により、「F.O.X」のSDKを設置するだけで導入が可能になる。

【関連記事】
ソネット・メディア・ネットワークス、「リエンゲージメント広告」を開始
「ポケモンGO」男性のアクティブユーザー数はTwitter超え【ヴァリューズ調査】
ソニーのニュースアプリ「ニューススイート」、広告メニューの提供を本格スタート
CyberZ、ゲーム攻略情報を活用したリテンションサービスを開始
止まらない勢い、「AbemaTV」が600万ダウンロードを突破〜直近2週間で100万件増の急成長

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/28 10:30 https://markezine.jp/article/detail/24910

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング