SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニールセン デジタル広告視聴率に デモグラフィック属性別ビューアビリティ測定の提供を開始

 ニールセンは、同社のデジタル広告測定ソリューション「ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)」に、利用企業が採用するビューアビリティ測定ツールを使用して、デモグラフィック属性別のビューアビリティ測定を可能する機能拡張を発表した。

 新機能ではビューアブルインプレッションが視聴者の性別や年齢別に測定可能になるため、利用者はデジタル広告キャンペーン効果のより詳細な分析、最適化や評価ができるようになる。また広告を閲覧できる状態にあった視聴者数やGRPをデモグラフィック属性別に把握し、サイトや掲載面ごとのオンターゲット比率を知ることにより、利用者は実施したデジタル広告キャンペーンの目標達成を検証する上でより深いインサイトを得ることができ、今後のキャンペーンプランニングに役立てることが期待できる。

 デジタル広告業界では近年、デジタル広告キャンペーンの効果測定において広告配信数を意味する「配信インプレッション」よりも、実際に視聴者が広告を閲覧できる状態にあった「ビューアブルインプレッション」を採用する動きが顕著になっている。これに伴い、広告主や広告代理店も配信された広告が狙った視聴者によって視聴可能であったという保証をより強く求める傾向にある。そこで、今回の機能追加がされるに至った。

【関連記事】
プラットフォーム・ワンのDSP「MarketOne」、広告キャンペーンのビューアビリティ計測を可能に
ニールセン、“広告が実際に見られたか”検証できるオプションを「デジタル広告視聴率」に追加
Twitter、タイムライン上の動画が自動再生に~課金モデルにはビューアビリティを採用
Snapchat、広告効果測定にニールセンのデジタル視聴率を採用
ニールセン、デジタル広告視聴率の計測対象にモバイル端末を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/02 08:00 https://markezine.jp/article/detail/24940

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング