SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

さくらインターネットとABEJA、「さくらのIoT Platform」での連携を発表

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネットと、ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートするABEJA(アベジャ)は、2014年7月に締結した業務提携の一環として、「さくらのIoT Platform」と「ABEJA Platform」をAPI経由で接続し、2016年冬を目処に両社のサービス利用者に提供を開始する。

 さくらインターネットは、通信環境とデータの保存や処理システムを一体型で提供するIoTのプラットフォーム「さくらのIoT Platform 」を2016年度中に提供するため開発を進めている。同サービスは、「さくらのIoT通信モジュール」とキャリアネットワークを接続した閉域網を用意し、ストレージやデータベースなどのバックエンド、外部のクラウドやアプリケーションサービスと連携できるAPIまでを垂直統合型で提供する。

 すでに正式サービスに先駆け、2016年4月より「さくらのIoT Platform α」の提供を開始しており、2016年10月には、「さくらのIoT Platform β」の提供を進める予定。

 一方、ABEJAは、蓄積されたビックデータからデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「ディープラーニング」を活用したサービスを提供している。これまで、ディープラーニングを活用し様々な情報を収集・解析・可視化するクラウドサービス「ABEJA Platform」を、小売・流通業界を中心に、国内の100店舗以上に導入してきた。

 今回の連携はインターネットを介さずに、「さくらのIoT Platform」と「ABEJA Platform」をセキュアかつダイレクトにAPI連携することで、両プラットフォームのサービスを一括して広く提供することを目的に行われた。

 これによりさくらインターネットは、「さくらのIoT Platform」を利用する顧客に、API経由で簡単に「ABEJA Platform」に接続し、「さくらのIoT Platform」に蓄積されたデータを有効活用することができる。

【関連記事】
人工知能のABEJA、IoTのウフルと業務提携
ABEJAが総額5.3億円の増資、ディープラーニングの事業化を加速
福岡市にIoTデバイスの体験ができるスマートホステル「&AND HOSTEL」オープン
堀江貴文氏、トレンディエンジェルなど登壇、2年後のIoT活用を考えるイベント開催
ブリヂストンサイクルとドコモ・バイクシェア、折り畳み自転車やIoT活用した付属分を共同開発へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/30 10:30 https://markezine.jp/article/detail/25091

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング