SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メンバーズ、フェイスブックメッセンジャーのBot機能を活用したマーケティング支援サービスの提供を開始

 メンバーズは、AI(人工知能)ソリューション「AMY」を提供するAutomagiと業務提携し、フェイスブックメッセンジャーのBot機能を活用したマーケティング支援サービスの提供を開始する。Automagiの高度なAI技術と、メンバーズのWebサイト構築・運用や、ソーシャルメディアマーケティング支援の知見を活かしたBot開発を行い、導入前後のオウンドメディアとの連携や効果的なSNSの活用まで、総合的に支援する。

導入までのフローイメージ
導入までのフローイメージ

 AIソリューション「AMY」は、「自然言語解析」と「人工知能技術」を利用した意味の類推や適切な判断・実行で、より高度で多様なシーンを想定したコミュニケーションを実現する。さらにBot内で問い合わせや商品購入などが可能になりコミュニケーションが完結することで、自社アプリの開発やダウンロード施策の負担軽減が期待される。

 また、カスタマージャーニーに即したコミュニケーションプランの策定、現状のオウンドメディアやSNSの運用診断など、Bot開発から導入・運用まで総合的に支援し、コミュニケーションの強化を実現する。

導入後の運用サイクルイメージ
導入後の運用サイクルイメージ

【関連記事】
みずほ銀行、ISID、NRIと共同でFacebook botなど活用した実証実験を開始
トラコス、100名超のAIストラテジストを組織化し、メッセンジャーアプリ利用したサービス展開
IMJ、チャットボット活用を支援するコンサルティングサービス開始
Resolaとアディッシュ、LINE等に対応したチャットボットサービス「RebotFAQ」を提供開始
トランスコスモス、顧客がFacebook Messenger経由で企業に問い合わせできるサービス提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/08/31 08:30 https://markezine.jp/article/detail/25099

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング