SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セールスフォース・ドットコム、人工知能の提供を開始~研究行う組織も新設

 米国セールスフォース・ドットコムは、同社のプラットフォームを利用する企業向けに人工知能(AI)を提供する「Salesforce Einstein(セールスフォース アインシュタイン)」を発表した。

 Salesforce Einsteinは、Salesforceが提供する各プラットフォームの各種項目、オブジェクト、ワークフロー、コンポーネントに最先端のAI機能を組み込むことができる。また、顧客とのあらゆる対話をスマートに処理するAIベースのアプリを、クリックまたはコーディングで誰もが開発することができる。

 同社が提供するマーケティング領域向けプラットフォーム「Marketing Cloud」では、すべての顧客とのエンゲージメントの見込みを、メールを使ってスコアリングする「Predictive Scoring」、行動予測にもとづいてセグメントを作成する「Predictive Audiences」、過去の顧客行動にもとづいてメッセージ送信の最適なタイミングを予測する「Automated Send-time Optimization」の機能を提供する。

 また、同社はAI領域の研究を行う新組織「Salesforce Researchグループ」を設立する。は、ディープラーニングや自然言語処理などの分野における研究の成果を同社の製品に実装することに注力する。

【関連記事】
電通とハロイド、O2O2Oスキームを共同で企画・開発~テレビCMきっかけに店舗誘導促す
エアークローゼット、リアル店舗の展開強化へ
サイバーエージェントのAI研究組織「AI Lab」、電気通信大学と産学連携へ
U-NEXT、人工知能活用したコンタクトセンターサービスの提供を開始
CyberZ、「AI技術推進室」を新設~スマホ広告測定ツールに機械学習によるTVCM分析機能を実装

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/23 13:00 https://markezine.jp/article/detail/25241

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング