SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Twitterオーディエンスプラットフォーム上のネイティブ広告活用し、アプリインストールの促進可能に

 Twitterは、Twitterオーディエンスプラットフォーム上のネイティブ広告を活用した、モバイルアプリのインストール促進を可能にした。広告主はTwitter内外の8億を超える人々に対して、既存のクリエイティブ資産を使って様々なネイティブ広告のフォーマットからアプローチが可能となる。

 具体的には、Twitterオーディエンスプラットフォーム上でアプリインストールのキャンペーンを作成する際に「ネイティブ」を選択するだけで、各アプリのデザインやレイアウトに合ったクリエイティブを自動生成できるようになる。

 ネイティブ広告はアプリ内の体験を損なうことなく自然に表示できるため、利用者がよりコンテンツを読み、クリックや反応するようになる。MoPubの調査によるとネイティブ広告は一般的な長方形のバナー広告に比べCTRが220%高くなり、さらにQualtrics社の今年の調査では、米国のデジタルに慣れ親しんだ若年層の58%が、バナー広告やポップアップ広告などに比べネイティブ広告に好意的という調査結果もある。

 Twitterオーディエンスプラットフォーム上でのネイティブ広告のベータテストでは、バナー広告とインタースティシャル広告に比べアプリのインストール率が56%向上した例も出ている。

【関連記事】
Twitter、オーディエンスプラットフォームを活用してパフォーマンスキャンペーンのリーチを拡大
高校生のスマホ所有率は9割超/ファースト画面に設置しているSNSアプリ、Twitterが1位に
SNSで影響力のあるメディア、『日経新聞電子版』『モデルプレス』の2強に【Greenromp調査】
Twitter、プロモツイートのカルーセル形式のテストを開始
Twitter利用者率が高いアプリ1位、ゲームは「ラブライブ」、買い物は「ミンネ」【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/23 12:30 https://markezine.jp/article/detail/25243

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング