MarkeZine(マーケジン)

記事種別

資生堂、ユニ・チャーム、ライオンが協業~売り場に関するデータ分析機能などを強化へ

2016/10/03 16:30

 資生堂、ユニ・チャーム、ライオンは、小売店の店頭メンテナンス、売り場づくり、売り場に関するデータ分析などについての協業を開始することを発表した。小売店での店頭メンテナンスを行う資生堂の100%出資子会社であるジャパンリテールイノベーションの株式の一部をユニ・チャームとライオンに譲渡し、持ち株比率は資生堂が60%、ユニ・チャームが20%、ライオンが20%とする合弁会社へと移行する。

 今後、3社の取り扱うカテゴリーの商品陳列・店頭メンテナンス業務を順次拡大し、3社それぞれが保有する店頭・売り場に関する知見の共有を進める。この協業により、「効率的な店頭メンテナンス」「生活者にとって魅力のあふれる売り場づくり」「売り場に関するデータ収集と分析」を実現し、生活者との重要な接点である店頭を通じた新たな価値提案を行い、業界全体の発展に貢献することを目指す。

【関連記事】
Supership、独自データと位置情報を掛け合わせたオーディエンス広告配信を開始
ガリバー、店舗とデジタルの連携強化のためMarketoを導入~フォローアップメールで成約率2倍に
電通とハロイド、O2O2Oスキームを共同で企画・開発~テレビCMきっかけに店舗誘導促す
エアークローゼット、リアル店舗の展開強化へ~店舗型ファッションレンタル「Licie」を事業譲渡
オプトグループ会社、実店舗への来店促進を支援する「toSTORE」リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5