SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE Pay、ゆうちょ銀行と連携へ~ゆうちょ銀行の口座からのチャージが可能に

 LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開する「LINE Pay」において、決済プラットフォームとしての利便性向上を目的に、ゆうちょ銀行と連携した。2016年10月13日17時より、ゆうちょ銀行の口座からLINE Payへのチャージが可能になる。かねてより日本全国のLINE Payユーザーから寄せられていた多くの要望を受け、この度の取り組みの実現に至った。

 LINE Payは、LINEを通じてユーザー間での送金や、提携サービス・店舗での決済を簡単・便利に行うことができるモバイル送金・決済サービス。モバイル時代の新たな決済インフラをめざし、2014年12月のサービス開始以降、ユーザーがより安心して便利に利用できる環境の整備や、外部企業との連携、大型ECサイト・アプリの加盟店追加、LINE Pay カードの発行など様々な取り組みを通じて事業の拡大を進めてきた。

 10月13日より、ゆうちょ銀行に口座を有するユーザーは、LINE Payのチャージ画面でゆうちょ銀行を選択後、キャッシュカード利用の総合口座を登録することが可能に。初回登録以降は、アプリ内の操作のみで、登録した口座からLINE Payに直接チャージすることができる(※ゆうちょ銀行の口座を利用したLINE Payへのチャージを行うには、ゆうちょ銀行の即時振替サービスの利用申込みが必要)。

【関連記事】
ペイパル、日本旅館協会と業務提携を締結~会員施設向けに決済サービス導入へ
モバイル時代の決済インフラ「LINE Pay」、グルーポン等が新たに加盟店に参画
「Adobe Campaign」と「LINE ビジネスコネクト」が連携へ
LINE、チャットボットの開発・普及に向け新展開~新Messaging API公開し、正式提供を開始
LINE、自撮りアプリのSnowに出資~LINE保有の議決権割合は25%に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/05 17:00 https://markezine.jp/article/detail/25351

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング