SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」、Facebookメッセンジャーとの連携開始

 プレイドは、同社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が新たにFacebookメッセンジャーに対応したことを発表した。

 「KARTE」は、ウェブサイトにコードを埋め込むことで、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービス。

 また同社は、2016年3月に同サービスのコミュニケーション手段を拡充する「KARTE TALK」を発表。ウェブサイト上に表示するポップアップメッセージに加え、チャットやLINE、メールなどを利用した接客が可能となった。そして今回、Facebookメッセンジャーが新たな手段として追加された。

 これにより、Facebookメッセンジャーのやり取りはすべてKARTE上で行うことができ、サイト上でのチャットによる会話の続きをFacebookメッセンジャーで受け取れるようになった。

 通常、ウェブサイトがFacebookメッセンジャーに対応するためには、個別の開発が必要だが、「KARTE」であればウェブサイトに変更を加えることなく対応が可能となる。

【関連記事】
ワコールウェブストア、ウェブ接客ツールSprocketを導入~購入完了率は最大125%に
マルイ、通販サイトにウェブ接客ツール「Sprocket」活用でカード入会ページへの遷移率向上
ウェブ接客ツール「f-tra CTA」、測定に関する2つの新機能を搭載
森永乳業、コミュニティサイト「Newの森」にSprocket導入~ユーザーアクションを促進
電通アイソバー、LINE公式アカウント上でコミュニケーションを可能にするチャットサービス提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/17 09:00 https://markezine.jp/article/detail/25418

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング