SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTTドコモがGoogle製品の標準搭載を発表、Googleカラーに染まるドコモ携帯

 今回の業務提携によって、両社は「検索サービスにおける連携強化」、「検索連動広告」、「各種Googleサービスのiモード対応」、「iモードにおける新たなサービスの検討」、「Google提唱のAndroidプラットフォームに関する検討」の5つに取り組むことになる。

 まず、2008年春をめどに、従来のiモードメニューサイト検索結果に加え、携帯電話向け一般サイト、PCサイトの検索結果を表示するサービス拡充を行い、iモードポータルである「iMenu」のトップ画面に検索BOXを新設する。また、Googleの広告配信プラットフォームである「Google AdWords」によって、検索結果ページに検索ワードと関連する広告表示を行う検索連動広告を開始する。

検索画面と今後のアプリ連携のイメージ。
※画像はプレスリリースより転載。

 また、Googleマップサービスの専用アプリケーションのiモード端末標準搭載をはじめ、各種Googleサービス(Gmail、YouTube、Picasaなど)をiモード対応とする。今後、ドコモから発表されるフルブラウザ搭載の新端末では、Googleをフルブラウザのスタートページに標準設定する。

 2007年に発表されて話題を集めた、Googleをはじめとする「Open Handset Alliance」が発表した携帯電話向けソフトウェアプラットフォーム「Android」について、ドコモ向けの商用化を含めた展開についても検討を進めるという。

【関連リンク】
au が9月より、GoogleのGmailを活用したメールサービス「au one メール」の提供をスタート
Google主導のオープンなモバイルプラットフォーム「アンドロイド」搭載商品は2008年後半発売
Google Android、iPhone、モバイルSNS…キーマン投票で未来予測!1年後のモバイル業界
モバイルならではの使いやすさを追求、Yahoo!のモバイル検索「oneSearch」
「Googleモバイル」広告は好調、さらに求められるインターフェイスの革新性【特報】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/01/24 15:42 https://markezine.jp/article/detail/2543

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング