SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新生銀行、ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を導入~顧客の状態を起点に情報提供

 プレイドの提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が、新生銀行のウェブサイトに導入された。

 新生銀行では、従来から訪問客をセグメント化して、商品ごとにターゲットを設定してキャンペーンを行っていた。しかし、これまでは売りたい商品や告知したいキャンペーンを起点としたアプローチとなっており、個々の顧客に合わせた情報発信ができていなかった。そこで、「欲しい情報を欲しいタイミングで届ける」顧客起点のアプローチにシフトするためのツールとして、「KARTE」を採用した。

 「KARTE」の導入後は、初回来訪の顧客を新生銀行の魅力を伝えるコンテンツに誘導したり、来店予約フォームに一定時間以上滞在している顧客に電話でも予約可能なことを提示したりと顧客の状況に応じた接客を行っていく。

【関連記事】
ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」、Facebookメッセンジャーとの連携開始
ワコールウェブストア、ウェブ接客ツールSprocketを導入~購入完了率は最大125%に
マルイ、通販サイトにウェブ接客ツール「Sprocket」活用でカード入会申込ページへの遷移率向上
ウェブ接客ツール「f-tra CTA」、測定に関する2つの新機能を搭載
森永乳業、コミュニティサイト「Newの森」にSprocket導入~ユーザーアクションを促進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/20 09:00 https://markezine.jp/article/detail/25447

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング