SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、アメリカの多文化対応に強み持つ総合広告会社を買収

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、アメリカにて多文化に対応した広告コミュニケーション・サービスを提供する総合広告会社「Gravity Media, LLC」(以下、グラビティー・メディア社)の親会社である「Findr Group」(ファインダー・グループ)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意した。

 今回電通が買収が至った背景には、アメリカにおける人口構成の変化とそれに伴う顧客企業ニーズの高まりがある。同国の国勢調査局の推計によると、2030年には人口に占める多文化層の割合は更に増加し、4割に達すると見られている。そのため、顧客企業からはこれまで以上に、多様な文化背景を持つ生活者にきめ細かく対応したサービスの提供が求められている。

 同社ではこうした状況を踏まえ、多文化向けの広告コミュニケーションに定評のあるグラビティー・メディア社の買収に至った。

 また、グラビティー・メディア社は、アメリカの業界誌『Advertising Age』で2013、14、15年と3年連続で、アジア系アメリカ人向けのサービスで最大の売上を誇る企業と評価されている。また同社は20カ国以上の言語に対応できる人材をそろえている。

【関連記事】
電通、VR領域をビジネス化するグループ横断組織「Dentsu VR Plus」を設置
電通、共働き世帯の父親をターゲットとする研究チーム「パパラボ」を発足
クラウディアンなど4社、走行中の車種を認識してデジタルサイネージにターゲット広告配信
米Adobe、動画広告プラットフォーム提供するTubeMogulを買収
アクセンチュア、カート・サーモン社の買収完了~小売業界向けの戦略コンサルティング強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/11/18 09:30 https://markezine.jp/article/detail/25627

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング