SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通アイソバー、デジタルコンテンツの客観的評価行う「THE SIGMA METHOD」を開発

 電通アイソバーは、外部環境やアルゴリズムによりリーチの差異が生じるFacebookを中心としたメディアの、デジタルコンテンツの客観的な評価指数がわかるサービス「THE SIGMA METHOD」を開発した。

 同サービスでは、A/Bテストを行うことなく、リーチ規模を一定数の単位で分割し、リーチ・表示回数別の投稿反応の平均値を算出。リーチ別の平均値を基準として、ばらつきをもとにユーザーのアクションをスコアリングして、クイックなコンテンツ評価を実施する。

 これにより、自社のデジタル施策の何が「良い」コンテンツなのかを定義し、その「良さ」を客観的に評価できる軸が明示される。結果、実施施策のより深いインサイトが得られるとともに、PDCAサイクルの高速化、効果的なデジタルマーケティングの戦略立案に活用することができる。

 また、同社では現在、改善施策をわかりやすく可視化して提示できるよう、ダッシュボードの開発を進めている。ダッシュボードの正式な公開は、2017年の3月頃を予定している。

【関連記事】
電通アイソバー、Adobe Experience Managerの迅速な導入実現するサービスを提供
電通アイソバー、アンケート調査×Web解析データで顧客の態度・心理変容を分析
サムライト、NewsPicksのブランドアカウント販売・運用を開始
CA、コンテンツレコメンドソリューションに読了率計測のできる新機能を追加
オールアバウト、ネイティブ広告の態度変容を最適化するサービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/11/29 15:30 https://markezine.jp/article/detail/25690

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング