SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ボタン1つで再注文できるAmazon Dash Button、日本上陸~APIの提供も開始

 Amazonは12月5日、自宅のWi-Fi経由でインターネットに接続し、ボタンを押すだけで簡単に日用品を再注文できる小型端末、「Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン)」の日本での販売を、プライム会員向けに開始した。

 Dash Buttonは、日用品の備蓄が少なくなってきたと感じた時に、ボタンを押すだけで商品が注文できる。現在、40種類以上の日用品向けの同端末がラインアップされている。

 また同社では、機器メーカー向けのクラウドサービス「Amazon Dash Replenishment(アマゾン ダッシュ リプレニッシュメント)」の提供開始も発表した。

 同サービスでは、各メーカーがAPIを用いて各社のインターネット対応機器と接続。すると、その機器で使用する消耗品がなくなりかけるタイミングに、Amazon経由でその商品が自動的に再注文される。例えば、炊飯器はお米を、プリンターはインクを自動的に再注文できるようになる。

 これにより、利用者がプリンターのインク切れや消耗品の交換時期に気が付く前に、関連商品を自宅に届けることができる。日本では、アイリスオーヤマ、エレコム、シャープ、船井電機、三菱レイヨン・クリンスイなどの機器メーカーが連携に向けた取り組みを開始している。

【関連記事】
Amazon、注文後1時間以内に届く「Prime Now」を東京23区全区で対応可能に
みずほ銀行、ISID、NRIと共同でFacebook botなど活用した実証実験を開始
テレビ東京子会社、越境EC×動画コマース企画始動 楽天など協力
ミックスネットワーク、エイジア、エスキュービズム、WACULの4社が協業を開始
CA、コンテンツレコメンドソリューションに読了率計測のできる新機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/12/05 13:46 https://markezine.jp/article/detail/25731

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング