SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、デジタルサイネージを見やすくする「みんなのサイネージ」開発

 電通は、デジタルサイネージを見やすくするデザインフォントとカラー「みんなのサイネージ™」を開発した。販売は2月1日より開始される予定。また、導入第1弾として、4月3日から都営バスのデジタルサイネージ上で「みんなのサイネージ™」を利用したコンテンツが表示される。

デザインイメージ
デザインイメージ

 「みんなのサイネージ™」の書体は、電通と一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)、イワタが共同で開発したユニバーサルデザイン・フォント「みんなの文字Ⓡ」を使用し、カラーユニバーサルデザインに対しても配慮されている。

 現在、企業や自治体が発信する情報の見やすさ、わかりやすさが問われる時代だ。需要が増えているデジタルサイネージにおいても、「見やすさ」はますます重要になっていくと考えられる。そこで、電通の社内横断チームである電通ダイバーシティ・ラボとデジタルサイネージ媒体を取り扱うアウト・オブ・ホーム・メディア(OOH)局では、「みんなのサイネージ™」を開発した。

【関連記事】
アイモバイル、デジタルサイネージアドネットワーク「SCEEN」を開始
JR東日本リテールネット、NewDaysのデジタルサイネージ広告事業を拡大
クラウディアンなど4社、走行中の車種を認識してデジタルサイネージにターゲット広告を配信
TBSテレビの大学向けデジタルサイネージ「キャンパスTV」と「C CHANNEL」が共同広告を提供
料理動画メディア「DELISH KITCHEN」、名古屋駅のデジタルサイネージにコンテンツを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/01/24 09:00 https://markezine.jp/article/detail/25944

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング