SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA内の研究組織「AI Lab」、東京工業大学と産学連携~AIにキャラクター性を持たせる研究行う

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能に関する研究組織「AI Lab(エーアイ ラボ)」において、東京工業大学と産学連携を開始した。

 「AI Lab」は、人工知能を活用したアドテクノロジーの広告配信技術の研究と開発を目的に、2016年1月に設立。アドテクスタジオが提供する人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger(エーアイメッセンジャー)」の会話エンジンも「AI Lab」にて研究と開発を行っている。

 今回の産学連携では、「AI Messenger」の会話エンジンにおける、キャラクター性の付与を自動化するための「発話のキャラクター変換技術」の研究を、東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 教授の奥村学氏並びに同准教授の高村大也氏と共同で行う。

 これにより、様々なキャラクターを持ったチャットボットの作成が容易になり、企業のブランドキャラクターやユーザーの性別や方言などに合わせたチャットボットを生み出し、対話することが可能になる。

【関連記事】
サイバーエージェントが「ロボットサービス事業部」新設、AIも活用
「CA本部DSP」、「BlackSwan」と連携~ブランド保護機能強化
popIn、Baidu社のAI技術を活用した画像レコメンドエンジンを開発
NTTデータ、ディープラーニングによる「AI記者」実現の可能性を検証
エクスペリアンジャパン、MailPublisherに「ABテスト」など3つの機能追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング